日本民藝館

先日日本民藝館で現在展示されている
茶と美 -柳宗悦の茶ー を観に行って来ました。

民藝館に展示してあるものは、どれも優しい雰囲気を持っていて温かみを感じることができるんですよね。
現代的な工業製品からは感じることができないような・・・

それは何故だろう?

民藝館に展示してある道具達は、きちんと手で作られたことを感じることができ、大事に使われてきたことを感じることができるからからかな と。

全ての直線がきちんと出ていなくてもそこには安心感のようなものを感じることができる。

置いてある家具などの木製品に関しては使われ手で触られることでツヤが出て深い味わいが出ていました。

完成したときより使っていくうちに段々と良いものになっていく道具。

この様なことを日々考えながら製作をしていかなければいけないなと改めて思ったのでした。

Share on Facebook